みらいねっと手話教室・札幌 | 日記 | ノンバーバル(非言語)コミニュケーション研修プログラム

手話を学んでみませんか?まったく手話ができなくても大丈夫!ご自分のペースで学ぺます

Top >  日記 > ノンバーバル(非言語)コミニュケーション研修プログラム

みらいねっと手話教室・札幌 の日記

ノンバーバル(非言語)コミニュケーション研修プログラム

2019.05.11



コミュニケーションは『言葉』だけじゃない
ノンバーバルコミュニケーションとは??
非言語コミュニケーションは「視覚情報」「聴覚情報」を使ったコミュニケーション全般の事を指し、メラビアンの法則では実に9割以上を占めています。
これは、話し手の表情や仕草、ジェスチャー、声のトーン等から相手の感情を読み取る、いわば五感を使ったコミュニケーションです。
このコミュニケーションは相手に多くの情報を与える事ができ、よりスムーズなコミュニケーションを生みます。


 
コミニュケーションは『言葉』だけじゃない
人の心は言葉の外にも表れます。
2020年東京オリンピック招致のプレゼンテーションで滝川クリステルさんが「おもてなし」にジャスチャーを加えました。
あれは手話でもなく、単なるジェスチャーですが
言葉だけで「おもてなし」と言ったら・・印象はどうだったでしょぅか??
伝わり方に雲泥の差があったでしょう。


 
耳が聴こえていてもうまく伝わらないことは沢山あります。
分かり合えない。
聴こえないからこそ身に付けた力は
聴こえるから伸びない力でもあるのです。


 
表情とボディーlanguageだけで伝える。
目の前の人は何を伝えようとしているのか?
言葉がつかえなかったら感情や概念をダイレクトに共有する。コミュニケーション力が磨かれる。
観察力・洞察力が研ぎ澄まされるのです。
そんなコミュニケーション研修プログラムを作りました。
PRESSリリース⇐PDF


 
外国人や障がい者も参加できることから、ダイバーシティーマネジメント、チームビルディング、コミニュケーション研修として、
営業職、就労支援事業所の研修にも。
ゴールに合わせたプログラム設計が可能です。



お問い合せ・お見積りはLLCみらいねっとまでお気軽にどうぞ。



※4.28に開催した、まなびの広場in月寒トヨペットにて参加者の皆さんに
一部、手話体験とは別に。
言葉を使わない、ジェスチャーのみで伝えるゲームを体験していただきました。
同じジェスチャーでも、それぞれの立場で解釈が違う。
伝えることの難しさと楽しさを体験していただきご感想をいただきました。


その様子は
ブログから

ノンバーバル(非言語)コミニュケーション研修プログラム

日記一覧へ戻る

【PR】  Happy Keiki Preschool  バラエティショップ ~きらり~  ハローストレージ杉並井荻  千駄木治療院  オアシス整体院